住まいの第一印象を決める外装は、単に美観上の役割だけでなく、雨、風、日光など様々な外的要因から住まいを守る大切な役割を担っています。私たちは、外装建材の選定、ご提案から施工までトータルにサポートいたします。

外壁タイル

光触媒を利用したTOTOの環境建材『ハイドロテクトタイル』を中心に2010年から始まったハウスメーカー向け外壁タイル工事の年間完工棟数は約900棟(約150,000m²)を超えるまでに成長してまいりました。
近年メンテナンスコストを削減できる『外壁タイル』に注目が集まっています。

ハイドロテクトはTOTOの環境浄化技術です。
詳しくはブランドサイトをご覧ください。

接着剤貼り工法

推奨サイディング(窯業系無塗装サイディング)を下地として施工し、熟練の職人により専用接着剤で直接タイルを貼り付ける工法です。
ボーダー系、45二丁、スクエア、二丁掛など様々なタイルの施工が可能です。

引っ掛け工法

専用ベースボードに専用タイル(二丁掛)を引っ掛けていく工法です。タイルの固定は専用ベースに接着剤を塗布し施工します。

ハイドロテクトタイルの特徴

ハイドロテクトタイルの構造

TOTOが技術開発したタイル表面に光触媒(酸化チタン)を焼き付けたタイルです。
※酸化チタン(光触媒層)に光(紫外線)が当たることで、「分解」、「親水」の作用を発生させる機能付きタイルです。
(※酸化チタンとは白色顔料として食品や化粧品に使用される安全な物質です。)

セルフクリーニング機能のメカニズム

光触媒の分解作用により大気汚染物質「PM2.5」、「光化学スモッグ」や「酸性雨」など環境汚染の原因となるNOxを分解し付着力を弱め、親水作用を利用して雨の力で汚れを洗い流します。

セルフクリーニング効果(暴露4ヶ月)

一般的なサイディングと比べて、光触媒の作用と雨の力で汚れを落とすセルフクリーニング効果で大切な建物を長期間キレイに保ちます。外壁メンテナンスにかかるランニングコストを抑える事が出来る、経済的なタイルです。

メンテナンスサイクル

ランニングコストを軽減

ハイドロテクトタイルは、一般的な塗装外壁に比べ、維持費用はほとんど不要。
住まいにも長寿命化が求められているいま、ランニングコストまで含めた経済性が魅力です。

塗替え・張替えコストも抑えられる、高い耐久性。

サイディング

2003年よりサイディング工事体制を整え、ニチハの認定工事店として様々なお得意様の要望に応えてまいりました。

長年の実績を活かし、専門スタッフによる細やかな工事管理、安全管理を心掛け、皆様から信頼を頂けるよう努力を続けてまいります。

お見積もり依頼→お見積もり提出→ご要望によりパース作成提案→サイディング工事受注→サイディング工事開始→完了検査→お引き渡し→メンテナンス対応

外装リフォーム

金属サイディング

リフォームに適し、断熱性や遮音性などが向上します。
また窯業サイディングと比べ軽量のため建物にかかる負担を軽減致します。

各メーカー豊富なバリエーションを取り揃え塗装では出せない色や柄を選ぶことができ、腐食に強いガルバリウム鋼板、軽量なアルミなど素材も様々です。

現場調査から提案、施工までお任せください。